能登島ガラス美術館「透かし見る―ガラスの風景」

透かし見る―ガラスの風景

会  期 2018年11月10日(土)~2019年3月31日(日)
開館時間 9:00~17:00(12月~3月は16:30まで)
入館は閉館の30分前まで

休館日
11月20日(火)、12月18日(火)、12月29日(土)~1月1日(火)
1月15日(火)、1月21日(月)~25日(金)、2月19日(火)、3月19日(火)

入館料
個人(高校生以上)800円
団体(20名以上)700円
中学生以下は無料
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
美術の分野におけるジャンルのひとつである「風景」。目の前に広がる景色や眺めは、見る者の主観や関心、時代性と結び付いて、様々な意味を持つと言えます。作品には、自然の景色、都市の景色、人々の日常の営みなど、目に映る現実の風景に作家の視点が加わり、新たな風景が独自のイメージとして立ち現れます。
本展のタイトルである「透かし見る」という言葉には、よく見えないものを目を凝らして見るという意味があります。コレクション作品を通して、ガラスの向こう側に透けて見えるもの、作家の心に描かれたものを見つめてみましょう。

「透かし見る」チラシ-1 「透かし見る」チラシ-2

コメントは受け付けていません。