向田の火祭

向田の火祭会場

 

 

 

日  時 毎年、7月の最終土曜日に開催
開催場所 向田町 崎山広場
開催スケジュール 20:00〜 ・火祭神事
20:15〜 ・奉燈(7基)約500m離れた崎山広場に向けて出発
・崎山広場到着
(大松明を7回周回)
・神事
・手松明が大松明周囲を回る
22:00〜 ・大松明に点火
22:50~ ・神輿、奉燈の帰還
備  考 駐車場有り 100台(向田漁港、JA能登わかば能登島支店)
7月の最終土曜日に行われる島をあげてのおすずみ祭です。
石川県指定無形民族文化財に指定され、約30メートルの松明(たいまつ)の大きさから日本三大火祭りの1つと言われています。

 

伊夜比咩神社から神輿や奉燈を担ぎ出し、広場に設置された巨大な柱松明(たいまつ)の周りを7回練り歩きます。その後、島民は、それぞれ手に持った柱松明を振りながら周回し、熱気が最高潮に達したところ、号令で大柱松明に点火。大柱松明が空高く火柱となって天に昇り、倒れた方向によって豊漁、豊作を占います。

 

また、柱松明の先につけられている御幣を取ったものは延命息災が叶うと言われています。

コメントは受け付けていません。